お問い合わせはこちらからどうぞ

0120-478-112(全国共通) 受付時間 /平日・土曜 10:00 ~ 21:00

スタディインフォメーション

study information

青森県の家庭教師が教える小学校と中学校の違い

4月から中学生になった皆様おめでとうございます!

また、進級された皆様もおめでとうございます!
 
小学生から中学生になると勉強も一気に難しく感じますよね。
難しい

小学校教科書の検定結果も公表され、英語やプログラミングなど新たな内容も含まれています。 

英語については、URLやQRコードで映像や音声を使うことができるようで、英語や道徳などの教科書に載るそうです。

英語も教科として参加することになるということはそれだけ重要な教科ともいえますよね。 

今回は小学校と中学校の違いについてお話します。 


(この記事は約3分で読めます)

コーソー

 

1.テスト


小学生から中学生になると今までのテストとは大きく異なってきます。

教科についてもぐっと増えたように感じますね。

テスト期間もありますので、それまでにしっかり準備しなければなりません。

悩み中

小学生の時は、狭い範囲のテストが多いかと思います。授業を聞いていればそれほど復習しなくても解けていたかもしれません。

中学生になると、広い範囲で前もってテスト範囲が決まっています。

また、定期テスト、実力テストなどもあるため小学校とは同じテストと言っても中身が全く違います。

小学校の時と同じようにテストを受けたら、かなり下がってしまったという生徒さんも多いです。
困った

小学生の時、点数がよかったから大丈夫、ではなく小学生の時点数がいいのは当たり前と思う位でテスト勉強を進めなくてはいけません。

2.部活


小学校の時は違う学年でも同学年と同じように遊ぶことが多かったのではないでしょうか。

中学校になると多くの生徒さんが部活に入るようになります。

そこで先輩、後輩の関係性がでてきたり、毎日遅くまで部活をして帰ってくる頃には疲れて眠くなってきたり…。 

→そういう時は毎日少しでも勉強するのがおすすめです! 

学習習慣は毎日の積み重ねです。 

積み重ね

よく、受験勉強は中三になって部活が終わってから考えようというご家庭もあるかと思いますが受験勉強は今までの積み重ねです。 

中一から中三までの勉強をするのはかなりの努力が必要です。 

完璧にできなくても何回も繰り返し解くことで、なんとなくでも見たことがある方が問題としても取り組みやすいですし、あの時は完全にわかっていなかったけどこういうことだったんだ、と理解もしやすいです。 

夜の勉強が難しい人は勉強時間を朝にしたり、記憶しやすいように音読して勉強したり、すきま時間を有効活用してみましょう。

だらだらと勉強しないでこの時間は勉強すると決めて集中して取り組んでみてください。 

予習が難しい人は復習だけでもやっておいた方がいいでしょう。

書く

 

3.授業


小学校の勉強は復習も含めた授業であることが多いのに対して、中学校は一度授業で習った内容についてはわかっている前提ですすめられています。 

そのため、常に新しい内容になるため、授業についていけない子も出てきてしまいます。 

ぜひ先生の話していることもノートに書くようにしてみてください。

ノート

授業の流れが分かって復習も取り組みやすいかと思います。 

中一ギャップという言葉もあり、親御さんも心配な部分があるかと思います。 

一つでも安心して取り組めたら他のものにも落ち着いて挑戦できるのではないかと思います。 

定期テスト?実力テスト?とよく理解しないままその時、その時だけ必死に勉強してしまいがちになりますが、テストは今だけではなく積み重なっていくことを常に意識して取り組んでいきましょう。 

勉強

中学生になるタイミングは環境が変化するので、親御さんと生徒さんも話し合う機会が多くなるかと思います。 

漠然とした不安よりも内容が分かっていた方が安心するかと思いますので、ぜひ生徒さんが理解できるように授業やテストなどについても前もってお話してほしいと思います。 

新しい環境でも頑張ってください!!

頑張ろう
以下の地域にお住いの方であれば、無料の学習相談を受け付けております。
入会の有無に関わらず、お気軽にご連絡ください♪


↓[限定]無料体験のお申し込みはコチラ やり方が分かる、やる気に代わる、成績に繋がる。無料体験受付中!
家庭教師、オンライン家庭教師指導が可能な地域

弘前市/青森市/黒石市/南津軽郡/北津軽郡/五所川原市/平川市
新潟県/福島県/山形県/北海道/秋田県/岩手県

このページのトップへ