お問い合わせはこちらからどうぞ

0120-478-112(全国共通) 受付時間 /平日・土曜 10:00 ~ 21:00

スタディインフォメーション

study information

国語力?「安い」の反対語は?(新潟市西蒲区の家庭教師の話)

家庭教師のコーソー 新潟市西蒲区担当の本間です。
 
前回は英語の勉強についてお話ししましたが、今回は国語の勉強について少しお話しさせてください。
 

家庭教師のコーソー
 
私は学生時代から新潟市西蒲区(大学生当時は西蒲原郡)で家庭教師をしていました。
 
やはり家庭教師の授業を受けている生徒さんたちは英語や数学が苦手・・・という子が多く、なかなか国語など他の教科は後回しになっていました。
 
でも数学が得意な生徒さんであっても、文章問題が出ると急に点数が下がってしまうという子は多いですよね。
 
また、最近は理科や社会でも記述式の問題が多く出ますし、学校独自検査などもあってますます国語力が必要になっています。
 
でも国語力ってどうしたら身につくのか、それを分かっている方はなかなかいないと思います。
 
そういう私自身も自分が学生の頃は運よく国語が得意だったので、深く考えずに解いてきていました。
 
疑問
 
よく言われている、「国語はセンスが大事」、「読書をすれば国語力が上がる」、「国語は先生に任せるしかない」、「国語より数学や英語の方が大事」
 
などはちょっとした誤解ですので、皆さん気を付けてくださいね。
 
それでは1つずつ説明していきます。
 
(この記事は約4分で読めます)

 

 

 

1国語にはセンスが大事?


算数や数学には公式があります。英語にも基本の文型などの基本的な項目があります。
 
では国語はどうでしょうか。
 
これを覚えていれば大丈夫!というようなものを習った記憶がない人がほとんどだと思います。
 
なので、センスがある人しか解けない、つまり国語力にはセンスが大事なのだ、と思っている方が多いのだと思います。
 
でも筆者は何かを伝えたくてその文章を書いています。
 
そのためには一定のルールを使って論理的に文章を作らなくてはいけません。
 
つまりはセンスではなく、誰が読んでもわかる文章のルールがあるのです。
 
ルール
 
国語には「言いかえる力」「くらべる力」「たどる力」大事です。
 
例えば、「言いかえる力」であれば、野球・サッカー・バスケットボールをまとめてスポーツに言いかえたりする力です。
 
そして「くらべる力」は、2つのものの共通点と相違点を見つける力です。
 
これには「安いという言葉の反対語は高い」、などの言葉の知識もある程度は必要です。
 
さらに「たどる力」では、接続語「だから」「なぜなら」で原因と結果をつなげてみることが重要になってきます。
 
詳しくはまた次の機会にお話ししますね。
 
勉強のやり方

 

 

 

2読書をすれば国語力が上がる?


 
もちろん読書は大事です。
 
ただ、どうしても国語が苦手な生徒さんは読書も苦手に思う子が多いです。
 
また、ただ読んでいるだけではなかなか国語の力は身につきません。
 
筆者の文章をしっかりと読む力を身につけることによってはじめて、国語の成績も上がってくるのです。
 
読書
 
読書の中でも読み聞かせがとても大事です。
 
読み聞かせであれば、大人用の難しめの内容の本でも大丈夫ですし、家族のコミュニケーションの糸口にもなりますので、
 
お仕事の後などで疲れているとは思いますが、ぜひ読んであげてください。
 
また、小学生新聞を読むのも効果的です。
 
時事的なニュースのみならず、受験に出てくるようなレベルの高い内容の記事も、分かりやすい図や文章でまとめてありますのでおすすめです。
 
家庭教師時代にもおすすめしていました。
 
小学生新聞
 
さらには学習マンガも良いです。
 
マンガでいいの?!という声も聞こえてきそうですが、マンガでなければ伝えられない内容や、マンガだからこそ優しく説明できるという長所があります。
 
特に読書が嫌いな子、国語が嫌いな子にはぜひマンガから取り組んでいってもらいたいと思います。
 
歴史のマンガなどであれば社会の勉強にもなるので一石二鳥ですね。
一石二鳥
 
うちも小学生の息子がいますので、買おうかなぁと思っていますが、買うとなると決して安いものではないので、悩みどころです。
 
もし購入したら、子どもの様子がどんな感じだったかをまたご報告しますね。

 

 

 

3国語は先生に任せるしかないのか?


ここまで読んでいただいた方なら分かってもらえていると思いますが、答えはNOです。
 
どうしても、学校の国語の先生たちは、運良く国語が得意だった、好きだった方が多いです。
 
そうすると、国語の問題は感覚で解けたという人が多くなりますので、「明確な教え方」というよりもどうしても「センス」や「読書」に偏りがちになってしまいます。
 
勉強が分からない
 
でも本当に国語力で大事なのは家庭でのコミュニケーションなのです。
 

普段ご家庭での会話の時に、子どもさんが要領を得ない話をしていたとしても、何を話しているのか大体分かってしまい、
 
「あー、それはね・・・」と話を繋げてしまってはいないでしょうか。
 
そのような時に、「それはどういうこと?」「つまり誰がどうしたの?」と詳しく聞き出してください。
コミュニケーション
 
そのような会話をすることによって、子どもさんの「相手に分かりやすく話す能力」がどんどん上がっていきます。
 
国語力で一番大切なのがこの部分になりますので、おうちの方は今日からどんどんお子さんに質問していってください
 

 

4国語より数学や英語の方が大事?


これも最初に書きましたが、数学の計算は得意でも文章題が苦手という子は今も昔もすごく多いです。
 
計算方法はバッチリなのに文章を読む力がなくて、解答欄に何も書けないまま答案を出してしまったらもったいないですよね。
 
もったいない
 
数学に限らず英語や他の教科でも、あまりに文章を読む力がないと、何について聞かれているのかが分からず、
 
見当違いの事を書いてしまって間違ってしまった、ということがあったりします。
 
何が何でも国語の力が一番大事とまでは言いませんが、文章を読むのが苦手だという人はぜひぜひ国語力を上げていってほしいと思います。
 
そうすると、今まで苦手だった他の教科の部分も、もしかしたらできるようになってくるかもしれないですよ。

 
がんばろう
 
最後に、これはどの教科でも大事なことですが、テストの結果などはできていない部分だけを見るのではなく、できている部分、
 
つまり〇がついている部分をまず見て、褒めてあげましょう。
 
これは大人にも言えることですが、できていない部分だけを取り上げて注意されてばかりでは、どんどんやる気がおきなくなってしまいます。
 
まずは褒める
 
ここはできたんだね!すごいね!と自信をつけさせてから、じゃあ次はここに気をつけてやっていこうね、と声かけをしていってあげましょう。
 
褒める

 

 

国語に限らず何かお勉強でお悩みのことがありましたら、ぜひわたしたち家庭教師のコーソーにご相談ください。
 
西蒲区以外でも以下の地域にお住いの方であれば、無料の学習相談を受け付けております。
入会の有無に関わらず、お気軽にご連絡ください♪
 
↓[限定]無料体験のお申し込みはコチラ やり方が分かる、やる気に代わる、成績に繋がる。無料体験受付中!
 

 
家庭教師、オンライン家庭教師指導が可能な地域
 
新潟市/上越市/新発田市/胎内市/五泉市/加茂市/三条市/燕市/長岡市/見附市/聖籠町/阿賀野市
柏崎市/村上市/小千谷市/南魚沼市/魚沼市/糸魚川市/ 妙高市/十日町市/弥彦村/田上町/刈羽村/関川村
福島県/
山形県/北海道/秋田県/岩手県

このページのトップへ