お問い合わせはこちらからどうぞ

0120-478-112(全国共通) 受付時間 /平日・土曜 10:00 ~ 21:00

スタディインフォメーション

study information

スポーツで高校へ行く事について

3年生はあと2ヶ月志望校に願書提出ですね!

部活で勝ち進んで引退が遅くなった方の中には、勉強では厳しいので、
スポーツで高校へ行こうと考えている方もいらっしゃると思います。

 

推薦

 

1、2年生でも部活に打ち込んで将来スポーツで高校にいけたらいいなー
と思っている家庭はぜひ読んで欲しいと思います。





1.スポーツ推薦≠特待生
2.試合に出られない可能性がある
3.練習が厳しい
4.お金がかかる
5.勉強との両立が難しい
6.上下関係が厳しい上、イヤでもやめられない



(この記事は約4分で読めます)

 

家庭教師のコーソー


 



1.スポーツ推薦≠特待生


スポーツ推薦には、部活の顧問の先生から声がかかるケースがあります。

「声がかかった=特待」 ではありません。

その時に全額免除、半額免除、入学金のみ免除など、条件面での話がなければ
普通に学費はかかる可能性が高いです。

声をかけてもらったので多分お金はかからないのだろうと、曖昧にしたまま入学してみたら
普通に振込の案内が来たという話はよく聞きます。

 

 

 

ちなみにスポーツ推薦の枠で受験する場合、高校によっては募集要項で、

評点平均3.0以上かつ東北大会何位以内とかの応募条件が記載してあり、

その条件を満たした生徒の中で合・否の判断がおこなわれ、合格者の中から

特に優秀な生徒数名特待生になれます。

 

 

学費

 

実情として私立高校は生徒数確保の為、スポーツ推薦で相当数の生徒を集めているんですが、そのうち
特待生には広告塔としての役割を期待して、学費を免除していますので、それに見合うだけの高い実績
が必要になります。

当然、特待がもらえても3年間ずっと安泰という訳ではなく、1年ごとに審査あり、
活躍できなかったり、怪我をしたりすれば、はずされてしまいます。






2.試合に出られない可能性がある



スポーツ強豪校は、同じ部活内に優秀な生徒が一杯います。

どこの中学からも、地区でトップだった生徒が集まってくるので、
その中でのレギュラー争いは過酷です。

 

野球

 

そのスポーツをやりたくて高校に入ったのに、ほとんど試合に出られず、雑用と応援要員
になってしまっても、ふてくされないで頑張らなければいけません。

楽しみながらスポーツをしたい子試合に出たい子はあまり強豪校じゃないほうがいいかも

しれません。

 

 

 

 

 

 

3.練習が厳しい


同じくスポーツ強豪校は、練習も厳しいです。

朝練や、夜遅く迄練習するのは当たり前、土日も試合や応援で、勉強やその他の事をする時間
がほとんどなくなります。

 

 

また保護者の方も送迎や応援など様々な協力をする必要があります。

 

サッカー

 

今迄家でスマホをしたり、ゲームをしたり、ユーチューブをみたり息抜きする時間を作ってきた子は
その時間が取れなくなる覚悟が必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

4.お金がかかる


私立は入学金や授業料、施設設備費など色々公立よりお金がかかるのですが、
部活動にかかる費用もかなり大きくなります。

 

計算

 

特に遠征費用や、合宿、宿泊費は高額になります。

学校や部活によって様々ですが、某強豪校の野球部では初年度だけで40万~60万位
かかるようです。






5.勉強との両立が難しい


本来はスポーツで高校に入っても高校の授業はあるので、両立してお勉強をできればいいんですが、
スポーツで忙しい分、中学時代より勉強時間がとれなくなり、両立ができなくなる可能性があります。

 

 

時間

 

中学時代から短い時間でも要領よく勉強して、成績が取れていたお子様はいいんですが、
うまくできなかかったお子様は、部活がより忙しくなったことで、赤点を取ってしまったり、
最悪、進級ができなくなったりします。

そうならない為、成績が一定以上にさがると試合に出してくれない高校もあります。






6.上下関係が厳しい上、イヤでもやめられない


強豪校ほど、上下関係が厳しく先輩の言う事や、監督の言う事に絶対服従を求められます。

すばらしい指導者や先輩達に出会えて、この人達の為に頑張ろうと思えればいいのですが、
相性が合わなかったり、パワハラの様な事があったとしても、スポーツで入った以上やめる事は出来ず、
我慢して続けなければいけません。



疲労

 

 

 

 

 

 

以上の様に勉強をしないでも高校に行けるからと安易な考えでスポーツで高校へ行くと、
子供だけでなく、親にも大きな負担がかかるになります。


デメリットばかり話してしまいましたが、逆にそこでしか得られないメリットもたくさんありますプロになったり、一生その道で食べていける能力、意思があり、それを望む家庭であれば
最高の環境だと思います。



スポーツで高校にいくべきか?客観的に子供の能力と将来、親の負担を考えて、慎重に考えるべき問題だと思います。

 

バスケ

 

 

 

そんな事を言っても、部活が忙しく、勉強に困っても塾へ行く時間がないし・・・・・・

当社ではそんな家庭が数多く、指導を受けています。

夜20:00以降の指導や部活の休みの日の指導、土日の指導など
部活が忙しくて時間がない生徒にも、できる限り対応して、
短い時間で効率よくできるやり方を教えていますよ。

 

 

学校選び

 

 

 

部活と勉強をしっかり両立して、高校の選択肢を広げた上で、もしスポーツで高校へ入っても
しっかりお勉強も両立していけば、いろいろな将来が見えてくる事かと思います。

 

 

 

 

 

以下の地域にお住いの方であれば、無料の学習相談を受け付けております。
入会の有無に関わらず、お気軽にご連絡ください♪



↓[限定]無料体験のお申し込みはコチラ やり方が分かる、やる気に代わる、成績に繋がる。無料体験受付中!
家庭教師、オンライン家庭教師指導が可能な地域 

秋田県 秋田市/潟上市/横手市/大仙市/美郷町/北秋田市/大館市/由利本荘市/にかほ市/
    鹿角市/小坂町/男鹿市/井川町/大潟村/五城目町/八郎潟町/仙北市/湯沢市/
    上小阿仁村/能代市/八峰町/三種町/藤里町/羽後町/東成瀬村
 
岩手県 盛岡市/滝沢市/矢巾町/紫波町/花巻市/北上市/金ヶ崎町
    奥州市/平泉町/一関市/雫石町/八幡平市/岩手町/西和賀町/葛巻町
 
青森県 弘前市/青森市/黒石市/南津軽郡/北津軽郡/五所川原市/平川市
 
山形県 酒田市/庄内町/鶴岡市

北海道/福島県/新潟県

 

このページのトップへ