お問い合わせはこちらからどうぞ

0120-478-112(全国共通) 受付時間 /平日・土曜 10:00 ~ 21:00

ブログ

blog

効果のある勉強方法(指導方法)

2019/02/28

学習アドバイザー

子どもの成績を「伸ばす親」と「伸ばせない親」の習慣

「うちの子の成績を上げたい!」という親御さん・指導者に向けて、効果的な勉強方法を紹介している書籍です。親御さんに限らず、指導する先生方にもあてはまるものかと思います。あまり効果がない勉強法と対比させながら効果の見込める指導法の紹介。自分もそうだな?と思う項目がたくさんありました。学習指導場面でのある?ある?ですね。たくさんありますが、よく見受けられる例です。

子どもの成績を伸ばす基本
・成績を伸ばす親は「1ページ」勉強させ伸ばせない親は「1時間」勉強させる
・成績を伸ばす親は「間違い直しノート」をつくり、伸ばせない親は「なんで間違えたの?」と怒る
・成績を伸ばす親は「音読させる」習慣があり、伸ばせない親は「10回書かせる」習慣がある
・成績を伸ばす親は「3回同じこと」を教え、伸ばせない親は「新しいこと」を教える
・成績を伸ばす親は「褒めて」やる気を出させ、伸ばせない親は「やる気を出せ」と言う

実は効果がない勉強法
・成績を伸ばす親は「ノートは自分で読めればOK」で伸ばせない親は「ノートの美しさ」にこだわる
・成績を伸ばす親は「わかるところ」を探し、伸ばせない親は「わからないところ」を聞く
・成績を伸ばす親は技能教科を「勉強させ」伸ばせない親は技能教科を「あとまわしにする」

ニガテな科目の勉強法
・成績を伸ばす親は「フリーハンドで」図形を描かせ、伸ばせない親は「定規を使って」描かせる
・成績を伸ばす親は計算の「途中式」を書かせて、伸ばせない親は計算の「答え」だけ書かせる
・成績を伸ばす親は用語を「まとまり」で覚えさせ、伸ばせない親は用語を「とにかく暗記」させる
・成績を伸ばす親は記述問題に「参考書」で対策し、伸ばせない親は「答えの暗記」で対策する
・成績を伸ばす親は「辞書」に親しませ、伸ばせない親は「PCやスマホ」を使わせる

学力を上げる環境づくり
・成績を伸ばす親は「10分間の勉強」で集中力を上げ、伸ばせない親は「1時間単位」で集中力を下げる
・成績を伸ばす親は「習い事を続けさせ」伸ばせない親は「習い事を辞めさせる」
・成績を伸ばす親は塾を「相性」で選び、伸ばせない親は塾を「知名度」で選ぶ
・成績を伸ばす親は悪い成績の「過程」を聞き、伸ばせない親は悪い成績で「バカ!」と叱る
・成績を伸ばす親は「努力に」ごほうびを与え、伸ばせない親は「点数に」ごほうびを与える
・成績を伸ばす親は勉強理由が「人の役に立つため」伸ばせない親は「良い成績を取るため」

東北も5~10日にかけて高校入試が行われます。受験生の皆様、体調管理に留意して頑張って下さい。

秋田支店 学習アドバイザー 三浦

このページのトップへ