お問い合わせはこちらからどうぞ

0120-478-112(全国共通) 受付時間 /平日・土曜 10:00 ~ 21:00

ブログ

blog

「学ぶ」ということは・・・

2018/12/04

札幌支店

 

学べば学ぶほど、
自分がどれだけ
無知であるか思い知らされる。
自分の無知に気づけば気づくほど、
より一層学びたくなる。
- アインシュタイン -

みなさんのまわりでも積極的に新しいことを
学ばれている方がいらっしゃるとおもいます。
それは、仕事に関連することであったり、
興味を持っていることなど。

一方で、新しい知識を得たり、
何かに挑戦することに消極的な方もいらっしゃいます。

若いときは知らないことだらけ、
自然にもっと勉強が必要だと感じるもの。

でも、年齢とともに学びが減少していくケースもあります。
これまでの経験や知識で目の前の仕事もこなせてしまうなど
学ぶことの必要性をあまり感じなくなるのが理由かもしれません。

しかし、学ぶことの意義は、
新しい知識や経験を得ること以上に
自分自身を知るというところにあるような気がします。

学ぶことによって、
自分は何を知っているのか、
それは何かを理解し、
何かを生み出すために十分なものか、
それは自分の偏見ではないか、
いまの自分には何が足りないのか、
といったことを感じ、考えることになります。

学ぶことは、自分と向き合うということ。
そして、現実を受け止めるということです。

時として、
自分がいかに怠けていたのかを痛感します。

だから、学びをやめてしまうと
正確に自分を理解することがむずかしくなる。
客観的に自分を見られなくなってしまう。

それでも、いまの環境が続くかぎり
問題はないのかもしれません。
でも、いつか自分のもてる力をフルに利用したいと
おもうような場面が訪れたとき。
本当の自分と向き合わなければいけません。

もしかすると、
それは想像していた自分とは、
かけ離れた自分かもしれません。

悲しいかな、
成長は一歩一歩の積み上げですが、
後退のスピードは速いもの。

あのアインシュタインでさえ、何も知らないと。
最近、自分を直視せざるを得ず、
落ち込みぎみのわたしにも勇気がわいてきます。

 

家庭教師のコーソー 札幌支店 アポイントメント部 主任 中畑

このページのトップへ