お問い合わせはこちらからどうぞ

0120-478-112(全国共通) 受付時間 /平日・土曜 10:00 ~ 21:00

ブログ

blog

体内時計

2018/11/01

札幌支店

朝食を抜くと体重が増えるメカニズムを、名古屋大学大学院の研究グループが

ラット実験によって解明し、論文を米科学誌に発表したとニュースで見ました。

 

起きてから4時間後にエサを与えられたラットは、すぐに与えられたラットより、

体内時計をつかさどる時計遺伝子の働きに約4時間の遅れが生じたそうです。

それにより、体温の高い時間が短くなり、消費エネルギーも減ったことで体重増加に

つながったという事でした。

 

この体内時計の遅れは大きな問題です。

体内時計は、睡眠リズムやホルモン調節、体温、血圧、脳の活動などのコントロールを

しています。よく言われている通り、朝食抜きでは体重が増えるだけではなく、

午前中ボーッとする、体温が上がらない、眠気がとれない、体調もいまひとつになるという

時差ぼけ状態につながります。

当然、勉強にも仕事にも影響が出てくるはずです。

 

朝食をしっかり食べて、体内時計のスイッチ入れてますか?

゛自分を整える ”ことの大切さを改めて感じました。

 

 

家庭教師のコーソー   札幌支店   教務   三浦

このページのトップへ