お問い合わせはこちらからどうぞ

0120-478-112(全国共通) 受付時間 /平日・土曜 10:00 ~ 21:00

ブログ

blog

ワールドカップ!!

2018/06/15

秋田支店

ついにサッカーのワールドカップが始まりました。自分は野球派でJリーグもあまり見ないのですが、さすがにワールドカップは興奮しますね!オリンピックもそうですが、4年に一度というところが熱くさせるのかと思います。代表にたどり着くまでの選手の思いを考えると悔いの残らないように頑張って欲しいと祈る思いです。

どの競技でも、どのレベルでも苦境はありますが、それを乗り越えられる選手の精神力があるかないかの違いなのでしょうが?レスリング、アメフト・・・色々な問題が表面化していますが、選手が邁進できる環境を作ることが指導側の役割ではないのかと、つくづく思います。日本代表選手でさえも、まだ理不尽な指導環境の中で練習しているのかと思と・・・。

日大アメフト部の宮川選手の会見は、とても潔い内容だったと感じました。それに対して監督・コーチの弁明は終始護身的なものばかりで愕然。スポーツマンシップが感じられないスポーツは観ている者に感動は与えられず、これを指導するのが監督・コーチの役割だということを自覚して欲しいです。宮川選手はもとより日大アメフト部の早期復帰を願うばかりです。過中の宮川選手は愚息とも同期入学・同学科で、大学の講義でも顔を合わせることも多いようですが、同じ父兄としては心が痛みます。愚息につきましては、逆に監督に自分を試合に出さないなら辞めると言ったらしく、親としては、何てことを~!!!と思いましたが、無事インカレにも出場し日大の中ではトップで入賞することができ安堵しているところです。このインカレの結果で特待生へ昇格のチャンスなのですが、決裁者は過中の内田監督(-_-;)どうなることやら???

最近、謝罪ゲームみたいなものが流行っているらしく、知り合いに日大生がいると「謝罪して下さい!」と言われ、謝罪するらしいです。悪意はない遊びのようですが、日大関係者全員が背負わなければならない事件なのかと思います。
今回の騒動で感じることは、強くなる為に何をしても良いわけではなく、自分が、あるいは自チームが強くなる為に何をすべきなのかということから、視点がライバルチーム(相手)に向けられてしまっていることが問題だと思います。勝利至上主義が優先されるとこうなってしまうのでしょうね?
そうそう、今回は頑張れ~西野ジャパン!!!のお話でしたね(笑)
                       
                        秋田支店 アポイントメント部 三浦

このページのトップへ