お問い合わせはこちらからどうぞ

0120-478-112(全国共通) 受付時間 /平日・土曜 10:00 ~ 21:00

ブログ

blog

何を書いてもお咎(とがめ)めなしの週刊誌

2018/04/25

社長

新潟県知事が任期半ばで辞意を表明し、辞任しました。
財務省の事務次官が辞意を表明し、辞任しました。

加計学園問題は現職総理大臣が関与し、森友学園の国有地売却については現職総理大臣の妻が
関与してるのではとの疑惑が持たれています。

我が国行政府の信用の失墜に繋がったこの一連の騒動はいち週刊誌の報道が事の発端でとなった。

週刊誌のターゲットになり全てを失う事になった知事と財務省事務方トップ。
その事についてはここでのコメントは差し控えさえて頂くとして
あくまでも個人的な感想を述べさせて頂きます。

まず週刊誌やマスコミは何を書いてもいいのか?という点。

週刊誌に至っては知入れた情報を記事にしてそれを売って利益を得ている。
つまり、他人の恥部を暴露し、それを会社運営の糧としている。
週刊誌は何を書いてもいいの?と素朴な疑問を持たざるを得ない。

マスコミのカメラはターゲットの自宅まで土足で踏み込む。
そこまでしなくてもいいのでは?と少なからず思った視聴者も多いはず。
家族には関係のない話だからである。

やったことは悪い事、だから辞任する。しかしマスコミには武士の情けはないのか?

著名人のスキャンダルを暴けば致命的なダメージを与えることが出来る。
しかし、人間叩けば埃の出ない人間はいない。
生きていれば人に言えない秘密は誰びとにもあるはずである。
この国の政治や経済のトップに座るエリートは一人残らず表舞台から引き摺り下ろされるのでは?

言論の自由の名の下に正義をかざす週刊誌やマスコミに対し大いなる偽善を感じざるを得ない。

 
家庭教師のコーソー  社長 榊  茂喜

このページのトップへ