お問い合わせはこちらからどうぞ

0120-478-112(全国共通) 受付時間 /平日・土曜 10:00 ~ 21:00

ブログ

blog

雪かきジーサン

2018/02/16

教務課

2月も中旬ですね。

 

北海道は雪が…

 

雪かきも大変です(泣)

 

 

私の住まいは、格好よく、見栄を張って言うとマンションに住んでいます。

 

 

車が2台あり、雪が降ると駐車場の2台分の除雪をしなければなりません。

 

 

かなりの重労働です。

 

 

しかしながら、隣の棟に雪かきが趣味のオジーちゃん(78歳)が住んでいて、雪が降ると駐車場2台分の雪かきをしてくれるのです。

 

 

まるでスーパーマンのようで、外で会うと私は当然ながらそのオジーちゃんに媚をうります(笑)

 

(毎回、雪かきをしてもらおうと、企んでいる汚い自分の心… 情けない… だが、仕方ない。オジーさんは雪かきが趣味なのだから…)

 

 

しかし、そのオジーさんは、外で会うと話が長いうえに、決して笑えないギャグを言ってくるんです( 一一)

 

 

特に出勤前にオジーさんにつかまると、正直しんどい。

 

 

出勤前の貴重な時間を奪われてしまうからです。しかもご丁寧に全く笑えないギャグまで…(; ・`д・´)

 

 

毎回、雪かきをして頂いているので冷たい態度も取れず…

 

 

ただ、あまりにも話の長さ、ギャグのつまらなさの苦痛の限界を感じた私は、

 

 

最近、外に出ると私は物の陰に隠れ、雪かきじーさんが居るかいないかをキョロキョロ辺りを見渡し、確認する事から1日が始まります。

 

 

そして、雪かきじーさんが居ないと、全速力で車まで走り、急いで車に乗り込み、急いで走りだします。

 

 

しかし、雪かきじーさんが居ると、じーさんの行動を物陰に隠れて遠くに行くまで監視しています。

 

 

数分経って雪かきじーさんが遠くに行くと、100メートル9秒台出るんじゃないか?という勢いで走り、車に乗り込み走り出します。

 

 

こんな毎日で良いのでしょうか?

 

 

しかし、雪が降らない夏場は一度も雪かきじーさんを外で見かける事はありません(笑)

 

 

あなたは夏、何処で何をしてるんですか?

 

 

 

 

 

家庭教師のコーソー    教務課     田中

 

 

このページのトップへ