お問い合わせはこちらからどうぞ

0120-478-112(全国共通) 受付時間 /平日・土曜 10:00 ~ 21:00

ブログ

blog

冬場の毛布、上から掛けるか?下へと敷くか?

2017/12/18

教務課

 

私の部屋には、布団やら枕やら寝具を収納するスペースがありません。。。

 

 

朝起きてたたんだ寝具は、部屋の角に重ねて積んでおくだけ。

 

春夏秋冬の寝具が、一年中同じように積まれています。

 

 

そんなわけで、出来るだけ種類を減らさないとかさばって邪魔。

 

 

夏はともかく、春秋と真冬とで厚さの異なる布団を使う方が多いと思いますが、私は布団1枚のみ。

 

薄い掛布団で真冬も寝ています。

 

 

 

当然、布団1枚では寒いので毛布も使うのですが、体の上に掛けるのではなく、敷布団の上に敷いています。

 

上に掛けるよりも暖かいです。

 

 

つまり、真冬は、

 

薄い掛布団

タオルケット

毛布

シーツ

敷布団

マット

 

という断面図。

 

 

他の季節は、ここからの引き算で、

 

 

春,秋は毛布を外して、

 

薄い掛布団

タオルケット

シーツ

敷布団

マット

 

 

夏は、さらに掛布団を外して、

 

タオルケット

シーツ

敷布団

マット

 

という感じで寝ています。

 

 

これで寝具を最小限に減らせます。

妻の半分です。

 

 

毛布を体の上に掛けて寝ている方は、試しに敷いてみて下さい。

 

上に掛けるにしても、布団の内側よりも外側の方が暖かいような気がします。

 

 

 

家庭教師のコーソー 教務課 イシイ

 

このページのトップへ