お問い合わせはこちらからどうぞ

0120-478-112(全国共通) 受付時間 /平日・土曜 10:00 ~ 21:00

ブログ

blog

先日の大相撲春場所を振り返って

2017/03/30

学習アドバイザー

先日、大相撲春場所にて、横綱の稀勢の里が二場所連続の優勝を飾りました。

怪我をおして出場をしたにも関わらず、優勝したわけですから、感動した人も多かったと思います。

その優勝の立役者となったのが、最後まで優勝争いを演じた大関の照ノ富士でした。

14日目の関脇の琴奨菊戦にて立ち会いの変化で、あっけなく終わってしまったため、場内から大ブーイングを受け悪者になってしまいました。

そのため、千秋楽の本割、優勝決定戦では会場内全員が稀勢の里側についてしまい、完全アウェイの中、照ノ富士は戦うことになり優勝を逃しました。

怪我をおして優勝した稀勢の里に対して、どうこう言うつもりはありませんが、実は照ノ富士も膝の怪我を抱えての出場であったことは、あまり知られていないことでした。

そのことを表に出すか出さないかの違いであり、周りに何も言わず、黙々と相撲をとり、優勝争いを演じた照ノ富士の方を私は称えたいと思いました。

日本人を応援したいという気持ちは分かりますが、応援する側のマナーも大事かと思います。

 

家庭教師のコーソー   学習アドバイザー   伊藤 健次

このページのトップへ