お問い合わせはこちらからどうぞ

0120-478-112(全国共通) 受付時間 /平日・土曜 10:00 ~ 21:00

ブログ

blog

イギリスという国

2016/06/30

秋田支店

6月23日の国民投票によって大方の予想に反して、イギリスのEU離脱が決まった。

日本をはじめ、先進国のほとんどが残留を希望し、ドイツの新聞では残留キャンペーンと銘打って過去のワールドカップのゴールを認めるなど必死に残留を働きかけていた。

グローバリズムの流れの中で参加国を増やし、一つのヨーロッパに向けて進んでいたEUにとって、その流れに逆らうような今回の脱退の影響は大きい。

パンクス発祥の地イギリス。色んな意味で反骨精神が旺盛である。

国家の主権、アイデンティティ、ナショナリズム、ジョンレノンがイマジンで歌った世界に近づくのは容易ではない様だ。

家庭教師のコーソー   秋田支店   学習アドバイザー   飯田 明雄

 

このページのトップへ