お問い合わせはこちらからどうぞ

0120-478-112(全国共通) 受付時間 /平日・土曜 10:00 ~ 21:00

ブログ

blog

合格祈願

2016/02/23

秋田支店

公立高校の一般入試もいよいよ目前に迫ってきました。

秋田では昨日、志願倍率が確定し、本当にラストスパートです。

さて…受験シーズンになると毎年話題になるのが合格祈願。

学校行事だったり、商品だったり。

スーパーやコンビニでも年々、合格祈願商品が増えているような気がします。

県内でも、特産品などで受験生を応援している地域がたくさんあります。

秋田の合格祈願商品(今年度受験生に贈られたもの)を幾つかご紹介します☆

【十割そば(県北)】「受験生全員(十割)が合格」という思いをこめて、地域の旅館で受験生に振る舞われました。

【バター餅(県北)】某番組で有名になった県北部の名物です。成績がバター餅のように伸びるという意味を込めて、贈られました。

【飛翔昆布(県南)】「空飛ぶ昆布」とも言われるきざみ昆布で、天高く舞い踊るかのように削りだしてつくられます。受験への意気込みや実力も「飛翔」するようにという思いが込められています。

【合格うどん・すべらない箸(県南)】秋田名物の稲庭うどん。「するする入る合格うどん」として、地元の受験生に贈られました。一緒に、地元の漆箸職人が作る「すべらない箸」も贈られました。

【落ちないリンゴ】暴風雨に耐える「落ちないリンゴ」。1991年に東北地方を襲った台風19号の際、落果被害が少なかったことから、合格祈願として用いられるようになりました。

他にも、JRでは秋田駅を中心に「合格スタンプ」や「絵馬」の設置、「すべらない砂(神社で合格祈願した砂)」のプレゼントをしたり、郵便局から地元の受験生にのど飴を贈ったり…と、企業でも色々な企画がされているようです。

勿論、力を発揮するのは受験生本人ですが、地域一丸となった応援はきっと力になるハズ。

頑張れ、受験生!

家庭教師のコーソー   秋田支店   教務課   山本 涼香

このページのトップへ