お問い合わせはこちらからどうぞ

0120-478-112(全国共通) 受付時間 /平日・土曜 10:00 ~ 21:00

ブログ

blog

南雲忠一中将

2015/07/01

学習アドバイザー

太平洋戦争での南雲中将は空母赤城艦長で、世界一の機動空母艦長を任され太平洋の海で連戦連勝でした。

しかし、ミッドウェー海戦でのたった一回の戦いでその後二度と立ち上がれない大失敗をしてしまい、北マリアナ諸島サイパン島で戦死しています。

陸上においての玉砕はとても悔しかったと思います。

その後、日本は敗戦してその原因の大きな要素に南雲忠一中将のミッドウェーや真珠湾攻撃での不手際を人々はよく話しますが、それは結果論でその後の人々が作りあげたイメージです。

もし、あの頃の日本にアメリカと同じ国力があれば負けていなかったと思います。

そうしたら、南雲中将のイメージはまったく違うものになっていたことでしょう。

 

家庭教師のコーソー   学習アドバイザー    岩城 智幸

このページのトップへ