お問い合わせはこちらからどうぞ

0120-478-112(新潟本社) 受付時間 /平日・土曜 10:00 ~ 21:00

ブログ

blog

行楽シーズン!

2018/05/15

秋田支店

ゴールデンウィークも終わり、次第に夏の気配が感じられるこの頃です。ゴールデンウィークは15年振り?に月山に行って来ました。昔お世話になった方が、今回社長に就任されたこともあり、ご挨拶とついでに愚息のお願い事も含めて、お会いすることができました。私としてはついでのお願の方が重要でしたが(笑)

愚息は、小学・中学と夏場はここのジュニアクラブでお世話になり、コーチにもお礼のご挨拶ができて一安心。コーチの御子息も3学年上ですが、以前には日本代表にも入り、愚息はその背中を追いかけて取り組んで来ました。年末の全日本選手権でも二人揃ってトップ10入ることができたので、ただただ感謝。

 

自分が勤めていた頃のスタッフもまだ何人か残っており、久しぶりに20代の頃を思い出させていただきました。今考えると、当時は無謀な夢を追いかけていたのだと反省するのと同時に、若い頃は結果を恐れずチャレンジできた自分がいたのだな~と。今では行動の前に諦めてしまう自分が存在しているのですが、もう一度頑張ろうという気持ちを起こさせてくれました☆彡

 

やはり月山、5月3・4・5日は雪が降り相変わらずの別世界、最終日の6日はやっと晴れて、リフトで滑れました。

天候のせいか、スキー客は少なかったようです。私が居た頃は「私をスキーに連れていって」の真っただ中でしたので、リフトの1時間待ちは当たり前だったのですが・・・・。世の中は変わって行くので当たり前と言えば当たり前なのですが。変化に対応できないスキー場は廃業となり、今もなお営業出来ているスキー場は、時代に合わせた変化ができているところですね。

 

「昔は良かった~、昔はこうだった~」、という声がよく聞かれたスキー場は既に廃業もしくは経営母体が代わっていたりするのですが、「これからは~」という声が多く出ていたスキー場は、やはりうまく経営できていると思いました。

これは、どの業界でも、あるいは個人的にも同じだと思いますが、変化できない時には結果が出せないし、気持ちの持ち方を前に向けられなければ、良い結果は生まれないのだと思います。そんなことを感じさせてくれたGWでした。

家庭教師のコーソー  秋田支店   アポイントメント部  三浦 順

このページのトップへ