お問い合わせはこちらからどうぞ

0120-478-112(新潟本社) 受付時間 /平日・土曜 10:00 ~ 21:00

ブログ

blog

ボブ・ディラン

2016/10/18

秋田支店

ノーベル文学賞を受賞してから、ネットやTVで注目が集まっているボブ・ディラン。

自分的独断と偏見に満ちた、名曲ベスト10!

(“風に吹かれて”はTVで盛んにオンエアされているので除きます)

   

まず、10位から…

10位:マイ・バック・ペイジズ

1964年発表、“アナザー・サイド・オブ・ディラン”収録のディラン、フォーク時代の名曲。

?I was so much older then,I’m younger than that now.

「昔は年老いていた、今はあの頃より若い」

のフレーズが良い。

   

9位:イディオット・ウインド

1975年発表、“血の轍”収録。

ディランの唄い方に力が入っています。溜ったストレスを吐き出しています。

唐突な曲の入り方含め、ディランの曲作りの奥深さがわかります。

   

8位:マイティ・クイン

1971年発表、“グレーテスト・ヒット第2集”収録。

ディランの投げやりな、勢いのある唄い方がいい。

ザ・バンドとのセッション、一発録り、ロビーロバートソンのギターも乗りに乗っている。

   

7位:ウォッチング・ザ・リバー・フロウ

1971年発表、“グレーテスト・ヒット第2集”収録。

レオン・ラッセルとのセッション。

同じく一発録りならではのライブ感とラフな感じが○

ジェシ・エド・デイヴィスのスライドギターがかっこいい!

   

6位:メンフィス・ブルース・アゲイン

1965年発表“ブロンド・オン・ブロンド”収録。

何番まであるのか?永遠に繰り返される曲。

キーボード・ブルーズハープのアレンジでキラキラして、疾走感のある曲。

個人的に大好き。

   

・・・で、6位迄の発表でした。

スペースの関係で続きは次回です。

さぁ、5位以内には何が来るでしょうか?(笑)

   

家庭教師のコーソー   秋田支店   学習アドバイザー   飯田 明雄

このページのトップへ