お問い合わせはこちらからどうぞ

0120-478-112(新潟本社) 受付時間 /平日・土曜 10:00 ~ 21:00

ブログ

blog

安部内閣と集団的自衛権

2015/09/10

社長

これまでの我が国は、武力行使が憲法上認められるのは、自国を守る個別的自衛権のみで、

他国を守るための武力行使(集団的自衛権)を禁じて来た。

しかし現安部政権は昨年の閣議決定で新3要件を満たせば個別的、集団的自衛権、集団安全保障の3種類の武力行使が憲法上可能とした。

そのキーワードとなる新3要件の解釈が曖昧で、拡大解釈をすると侵略戦争へと逆戻りするとの野党の反発を受けている。

現在の憲法では、例えば国連平和活動(PKO)に国外に於いて自衛官が武器を使用する事は例外を除き禁止されている。

その例外とは『武器を使用して相手に危害を加えていいのは、正当防衛・緊急避難の場合に限られる。』

他国に於いて日本の自衛官が、危険な状態にさらされていたとしても武器使用はその例外のみとなる。

つまり現在の憲法下では集団的自衛権を認めてないために平和の為に働いている自衛官の命も守れないと言っても過言ではない状況なのだ。

年々多様化する国際社会に於いて憲法9条を頑なに守るだけでいいのだろうか、と誰もがそう思うはずである。

戦争を求める人間は居ないだろう。

戦争と平和 その相反する言葉も実は平和は戦いによって勝ち取るものであるとするならば表裏一体と言えよう。

私は安部政権を擁護するものではありませんが、新しい時代に合理した憲法の解釈はあるべきではないかと思います。

与野党の代議士は命を賭けて議論し、正しい方向へ日本国を導く事を切に望むものです。

家庭教師のコーソー 社長  榊 茂喜

 

 

 

このページのトップへ