お問い合わせはこちらからどうぞ

0120-478-112(新潟本社) 受付時間 /平日・土曜 10:00 ~ 21:00

ブログ

blog

アイス・バケツ・チャレンジ

2014/08/27

秋田支店

最近、メディアを賑わせている「アイス・バケツ・チャレンジ」

皆さんご存知でしょうか?

   

これは、筋萎縮性側索硬化症 (ALS) の研究を支援するため、

バケツに入った氷水を頭からかぶるか、アメリカALS協会に寄付をする運動です。

筋萎縮性側索硬化症…、聞きなれない病気ですが、

筋肉の萎縮と筋力低下をきたす神経変性疾患だそうです。

進行がものすごく速く、半数ほどが発症後3年から5年で

呼吸筋麻痺により死亡すると言われている病気で、

有効な治療法は確立されてないとのことです。

   

チャレンジのルールは簡単。

まず「アイス・バケツ・チャレンジ」を受けることを宣言し、

バケツに入った氷水を頭からかぶります。

そして次にこのチャレンジを受けてもらいたい人物を3人指名する。

この様子を撮影した動画をFacebookやTwitterなどで公開してチャレンジ完了。

指名された人は、氷水をかぶるか、100ドルをALS協会に寄付する、

いずれかを24時間以内に選択する。

   

参加者の中には各界の著名人や政治家、

日本では多くの有名人やスポーツ選手が参加しています。

私は、Facebookをやっているのですが、最近自分の友達が

このチャレンジをしている動画がアップされており

自分も、今か今かとリレーのバトンを待っているところです。

このチャレンジに関しては賛否両論あるようですが、

私は、アイス・バケツ・チャレンジを通じて初めてこの難病を知りました。

一人でも多くの人にこの病気を知ってもらういい運動だなと思います!!

   

皆さんはどう思いますか(^.^)?

   

家庭教師のコーソー   秋田支店   学習アドバイザー   塚本 愛

このページのトップへ